3・体脂肪はすぐには減らない?持続することが大切な理由

3・体脂肪はすぐには減らない?持続することが大切な理由

体脂肪を減らす為に、いきなり激しい運動や節食をする方が多いです。

 

ですがなかなか体脂肪が減らずに挫折してしまい、続かないという方もいるでしょう。

 

実は体脂肪を減らすには短期集中よりも持続、継続させることが大切なのです。

 

節食しているのに体脂肪が減らない理由

お肉や甘い物を減らして、節食しているのに脂肪が減らない方も多いでしょう。

 

確かに食べる量を減らせば、長い目で見れば脂肪は減る可能性はあります。

 

ですがすぐに減るというものではありません。

 

体脂肪は燃焼させないといけないからです。 節食したら筋肉が減って体重は落ちたけど、脂肪は落ちていないという場合もあります。

 

節食だけではなく、適度な運動をしないと一度付いてしまった脂肪は落ちにくいのです。

 

またすぐに脂肪を減らしたいので、激しい節食をする方は辛くて続きません。

運動しても体脂肪が減らない理由

体脂肪を減らしたい方には、その人に適した運動があります。

 

お腹の脂肪を減らしたいから腹筋を始めました。

 

こういう方はまず失敗です。

 

腹筋運動をすれば、お腹の筋肉は間違いなく付きます。

 

ですが脂肪は燃焼しないのです。

 

筋肉は付いたけど、お腹の脂肪はそのまま付いているという状態になります。

 

脂肪を燃焼させ減らすには、20分以上の運動が必要で、腹筋を20分以上するなんて簡単にはできません。

 

それよりもウォークキングを毎日30分する方が効果的で、その方が体脂肪は燃焼していきます。

 

脂肪を減らすというだけで言えば、20分以上持続して運動できるウォーキングや、エアロバイクの方が効果的なのです。

 

ダイエットが成功したのに体脂肪率が減っていないわけ

体脂肪を減らすといっても目安は、見た目か体脂肪計による測定になります。

 

数値で表したいなら、体脂肪計しか方法はありません。

 

ですがここに罠があるのです。 例えば体重75kgの方の体脂肪が25kgあれば体脂肪率は33.3%です。

 

そしてダイエットを頑張って体重60kgになって体脂肪量が20kgになったとします。

 

ですが体脂肪率は33.3%なのです。

 

痩せるのは成功して、体脂肪は減っているのに、必ずしも体脂肪率が減るというわけではありません。

 

筋肉は重たいです、節食をしたせいで筋肉が落ち、体重を軽くしても体脂肪率はあまり変わらないということがあります。
もちろん見た目的にはダイエットは成功かもしれませんが、健康的に体脂肪を落とせているかといわれると失敗でしょう。

 

体脂肪を減らすには無理のない楽な運動、そして適切な食事が必要です。

 

しっかりと知識を付け、持続的な運動や適切な食事を心がけましょう。

このページの先頭へ